読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さいえんす ラボ

子育て、仕事、ブログ、健康に関することを実体験を元に書いて行きます。

そのダイエットあってる!?痩せたい人がするべき重要な2つのこと

f:id:life_of_dreams:20170506201541j:plain

今日はダイエットについて科学してみたいと思います。
ダイエットの印象としては、食制限、ジョギングなどの有酸素運動などがメインですね。
最近では○○するだけダイエットなどのお手軽ダイエットもよく目にします。
でも、お手軽ばかりが目についてナカナカ成果がでないのではないでしょうか?
今日は本気で痩せたい!と思ったときにするダイエットを科学します。


ダイエットは体重を減らすのではなく、体型をよくすること!

よく勘違いされているのは、体重を減らすことです。
体重を減らすことを目的として行うダイエットは、過度な食制限や汗をかいて水分を身体から追い出すというモノ。

いやいや、これでは身体をいじめるばかりで苦しいだけでなく、逆に太りやすい身体になってしまいますね。


ここでは、

ダイエット=美しい身体を作ること

と定義したいと思います。


もし、モデルで女優の菜々緒さんが体重70kgだったら、
「あぁなりたくない」と思うでしょうか?


モデルさんは体重計に乗らないし、持ってもいないそうです。
その代わり、鏡をよく見るようです。

どこに肉がついているのか。
どこの肉を絞り、どこに肉があれば綺麗にみえるのか?


結局ダイエットで重要なのは体型を美しくすることなのです。


ポイント1 筋力をつけよう!

女性でダイエットする方が結構抵抗のあることがこの筋力をつけることです。

ムキムキな女の子は可愛くない!という印象があるためか、筋力もつけずに食制限に走るダイエットをしている女性をよく見ます。


しかし、先程出てきた菜々緒さんしかり、有名なモデルさんはみんな身体を鍛えています。


実は、女性は男性と違って、男性ホルモンが極微量しかないため、筋力トレーニングを行ってもあまりゴツゴツした筋肉は付きづらいのです。

それどころか、筋力が付くことで姿勢がよくなり、血流がよくなるため足などのむくみもとれ、非常にキレイな身体になります。


筋肉は使わなければどんどん衰えていく器官です。つまり、新陳代謝が激しく体のエネルギーをよく使います。

筋力をつけることで知らないうちにダイエット後に太りにくいからだを手に入れていることになるのです。






ポイント2 間食は味方!?ヘルシースナッキング!

ヘルシースナッキングという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
今アメリカで注目されているダイエット法で、いわゆる「間食しよう!」というモノです。


間食なんて、ダイエットの敵じゃん1!


というのは昔の考え方。

じつは、人間の遺伝子に刷り込まれた概念として、空腹状態を続くと次の食事をとったときに食いだめしよう、又は脂肪に変えて蓄えようという風に働きます。
実際、空腹物質と呼ばれる遊離脂肪酸が血液中に増加します。


この作用を抑えるために間食は大事なのです。


でも、何でも食べて良いのか?と言われるとそうではありません

血糖値が上がりにくい食物繊維が豊富なものや腹持ちの良いタンパク質をとると良いとされています。


具体的には、無塩無糖のナッツやドライフルーツを食事の間に接種すると良いとされています。
カロリーの目安は100kcal以下となるように気を付けましょう。








まとめ

いかがだったでしょうか?
夏本番まであとちょっと。
正しい科学的なダイエットでスリムな身体をめざしましょう!