さいえんす ラボ

子育て、仕事、ブログ、健康に関することを実体験を元に書いて行きます。

会社の飲み会は新入社員にとって強制か?出席するか否かの判断基準と正しい断り方

f:id:life_of_dreams:20170422004935j:plain

今日は会社の飲み会でした。
非常に楽しい時間をご機嫌の仲間たちと過ごせたので、とっても幸せな気分です。
でも、最近の新入社員のみなさんにとってはこの職場の飲み会というのは厄介な代物のようです。

そこで、今回はこの飲み会についてのお話をさせていただきたいと思います。


ズバリ出席すべきか!?

僕が答えるならば「YES&NO」です。
たけぽん自身、会社の飲み会の5割は欠席しています。


僕が新人の時、職場の飲み会に誘われて参加を断ると言うことはご法度でした。
新人強制参加。

でも今は時代が違います。


そもそも、なぜ飲み会をするのでしょうか?

これは、ただの慣例に過ぎません。
要は明確な理由はありません。

強いて言うならば、職場の上司や諸先輩がたは飲み会をきっかけに新入社員と近づきたい、もっと知りたいと思っています。

若いエキスを吸いたいのです(笑)


両者の気持ちがわかる僕が言えることといえば、
お酒が苦手ではなく、
余興とかを強要される飲み会ではない、
ならば行っても良いのではないのでしょうか?


時は金なりです。
下手な飲み会に参加するくらいなら家に帰って本でも読んでいた方がマシです。

でも、新入社員を迎え、職場としては精一杯の歓迎をしたい。
ありきたりで、今の若者にはナカナカ受け入れてもらえないかもしれないのだけれども、歓迎会をするから是非きて欲しい。

そういった職場であるならば、是非参加した方が良いと思います。
会社に入り、職場の人たちと溶け合い、相当な時間を一緒に過ごしていく中で、「歓迎したい」という気持ちを受け取るか受け取らないかというのは非常に大きな違いとなって現れます。

あくまで、お酒の強要ではなく、会への参加であれば是非お勧めします。


出席した時のメリット

これは、やはり早く職場に打ち解けられるというのが一番ではないかと思います。
最初の飲み会でデビューを果たし、その後上司に気に入られてメキメキと頭角を表していった人を何人もみています。

その他としては、職場の裏事情が聞けるということです。
如何に歓迎会の類であったとしても、新入社員を中心とした話題の展開というのは限界があります。
どちらかといえば、会社や職場の話(しばしば愚痴になる)をし始めるのがオチです。

でも、注意深く聞いていると、
・ある人の仕事にかける情熱を垣間見れたり
・職場における人間相関図を垣間見れることができたり
・今の職場の最も注力しなければいけない課題を見ることができたり
します。

こういったものは、普段職場で話をしていてもナカナカ引き出すことが難しいのですが、飲み会の席ではいとも簡単に手に入ります。

だから、そういうことを目的として参加するというのは非常にメリットになると思います。


欠席した時のデメリット

職場の上司や先輩・同僚に嫌味を言われるというのが一番のデメリットだと思います。

でも安心してください。
だからといって、飲み会に出ないからといって評価点が下がる訳ではありません。
(評価については過去記事を参照ください。)

life-of-dreams.hatenablog.jp

あとは、時間です。
繰り返しになりますが、『時は金なり』です。
もしあなたがその飲み会に何の魅力も感じていなくって、ただ終わるのを待とうと思っているのならばそれは時間の無駄です。
最初から欠席することをお勧めします。



正しい断り方

では、実際に不参加を決めた場合どうやって断ればよいのでしょうか!?

これは申し訳無いのですが、サラリーマンの古い慣例で、
「新入社員は、職場の飲み会に参加すべし」
ということが、諸先輩・上司の頭の中に絶対にあります。

従って、
「私用があるので欠席します」
「前から用が入っているので欠席します」
みたいな断り方は、間違いではなくても角が立ちます

職場では必要のない波風はなるべく立てない方が良いというもの。

僕がいままで聞いた中で上手な断り文句だなって思った欠席理由は次の3パターンです。

  • 実家から親が出てきている
  • 明日は結納だ
  • 非常に体調が悪く、病院に行きたい

実は、あなたが本当の理由なく断りたいと上司に告げた場合、その嘘がバレる確率はほぼ100%だと思ってください。
でも、大事なのは如何に相手を不愉快な思いをさないか、ということだと思います。

上記の理由はいずれも、個人的な話なので職場の人間として突っ込むのはやめておこうと思える理由になっています。
こういった理由で断ってもらえると、「不愉快をさせないため」という心遣いを逆に感心する思いで受け取ることができます。

面倒臭いと思うかもしれませんが、一つの処世術ですので試してみてはいかがでしょうか?


まとめ

会社や職場の飲み会に誘われるというのは何かと考え深いもの。
そういった時は、

  • 自分の時間を使って参加する価値を自分が見いだせるか
  • お断りをするときは、相手が不快にならないよう最大限の配慮ができるか

という観点が大事と思います。
飲み会の多いこのシーズン、一度お試しアレ!