さいえんす ラボ

子育て、仕事、ブログ、健康に関することを実体験を元に書いて行きます。

【コラム】日本人よ、情熱を燃やして生きてみろ

f:id:life_of_dreams:20170608234350j:plain

ふと見渡してみると、仕事に情熱を注いでいる人は少ない。



頑張っている人はたくさんいる。
だけど、情熱を持ってる人は少ない。


辞めてしまったけど、最初に入社した会社には今思えば情熱を持った人がいた。



今は、上司ですら情熱を感じない。



暑苦しいとか、カッコ悪いとか、今の時代に合わないとか、プライベートとのバランスが大事だとか、最近たくさん言われる。



日本政府が率先してそんなことを言っている。

個人的には、日本政府がワークライフバランスを主張するようになったのは中央省庁や政党としての極めて打算的な目論見があるように思える。


・働き者は、給料は稼ぐがあまり消費をしない。というか使っている暇がない。


・一人の人に仕事が集中すれば、雇用の機会は少なくなる。


・一人の人が稼ぎを増やすよりも、少なくても二人が働いた方が税収や社会保険料の取り口は多くなる。


・雇用機会も増え、税収も増え、時間ができれば消費も増える。


・表面上の政策がうまくいっていれば、内閣の支持率はあがる。


一見、いいとこだらけだ。


でも、毎日定時に帰り、仕事をシェアして、給料はホドホドにという社会人生活では、そもそも仕事に情熱は持てない。



情熱は人の原動力だ。



もちろん、仕事だけに費やすものではないので、趣味や家庭にドンドン情熱をそそいだとしても、何ら差し障りはない。


でも、仕事をすることにも情熱を注いで欲しい。



今の日本は仕事に情熱を注ぐことが悪という風潮を作り上げてしまっている。


情熱のない仕事では人は感動させられない。感動するサービスやモノでなければ、今の人はお金を使わない。

モノやサービスが売れなければ、会社は立ち行かないし、新規開発にも資金を注げない。



結果日本の企業は日本では稼げなくなり、海外を目指すか、資金力がなければ海外企業から食い物にされる。

シャープやSANYOなんかがいい例だ。



そうして、ドンドン日本という国が空洞化して、弱くなっていく。


ドンドン日本が日本じゃなくなっていく。


別に仕事を早く切り上げることが悪いと言ってるんじゃない。

そこに情熱があるかどうかが大事なんだと思う。



会社のために働けと言っているんじゃない。
自分のために情熱を燃やせば良い。


仕事に情熱を燃やすことは、あなた自身をパワーアップさせる。

今のこの世の中、ひとつの会社に勤めあげることだけが生きていくことじゃない。


転職も自由だし、資金がなくても独立して起業する事だってできる。
より豊かな暮らしをいくらだって求めることができるんだ。


そのためには、経験や知識、勇気や根性を社会の荒波の中で身に付けなければならない。自分自身を強化する必要があるんだ。


そのために必要なのが情熱だ。


決して会社のために働くことに情熱を燃やしてはならない。
自分のために情熱を燃やして働き、会社をそのための舞台だと思って最大限利用するんだ。



幸せになりたかったら。
楽しくいきたかったら。


情熱を燃やし続けるんだ。


決して楽な道ではない。


でもやってみよう。
やっていこう。


きっと、毎日がきらめきだす。



さぁ、明日はなにをする?

転職の成功を左右する!転職する前にやっておくべきたった1つのこと

f:id:life_of_dreams:20170607222723j:plain

もしあなたが転職を決めたのなら、
転職する前に生まれ変わるといい。

転職後の人生はガラリと変わる。



以前も書きましたが、僕は転職は基本的におすすめはしていません。


でもかつての僕がそうであったように転職をすべきタイミングやシチュエーションがあります。


こちらの記事もどうぞ
life-of-dreams.hatenablog.jp



いざそうと決まったらやっておくべきことがあります。

それは、あなたが生まれ変わること
社会人としての『リボーン』です。



『リボーン』の意味

生まれ変わるために転職するんだよ。
と考える方もいると思います。


でも、職業や会社を変えるだけでは実際には生まれ変われません。


給料が変わったり、有給がとりやすくなったり、仕事の内容が変わったり、目に見えやすいうわべはそれこそ一瞬で変わります。


そして、それを味わった瞬間「転職してよかったなぁ」と実感するのです。


しかし、考えてみてください。


本当にその一瞬のためだけに転職するのでしょうか?


待遇や仕事内容は確かに転職する理由になっているかもしれません。


でも、あなたは転職後に恐らく何十年もその会社で働き続けなければならないのです。


確かな土台の上(待遇や仕事内容)で、しっかりしたキャリアを積んでいく


これが本来の転職の目的ではないでしょうか?


ならば、「しっかりとしたキャリアを積んでいくこと」は転職するだけで実現可能でしょうか?


体験した僕だから言います。



きっと無理です。



もし、できるなら今の会社でもできているはずです。


『リボーン』とは、あなた自信が変わらないと転職は成功になりませんよってことです。



『リボーン』するために必要なこと

まずは、自分が今仕事上で何が一番嫌なのか、苦手なのかを把握しましょう。

紙とペンをもって、できるだけ書き出すのです。

こちらの記事も併せてどうぞ
life-of-dreams.hatenablog.jp


そして、それらが仕事環境が変わることだけで解決する問題なのか、そうではないのかを冷静に分けていきましょう。


解決できない、というカテゴリーに分けられたもの、それがあなたの『リボーンの種』です。



『リボーン』しよう

『リボーンの種』を(苦手なこと・嫌なこと)実際に今の仕事・職場でやってみましょう。


どうせ、辞め行く職場です。
評価が下がろうが、なにしようが、あなたには守るべきものがないはずです。

そこでの経験や出来事は、使い捨てできます。


でも、あなたが経験から得られた知識や能力は確実に次の職場に持っていけます。


そして、これにはもう1つ効果が。


『リボーンの種』は言わば、あなたの弱点そのものです。


それを割りきって敢えてやってみることで、あなたは今までの自分を越えることができます。


まさに、『リボーン』。


生まれ変わって、新しい職場に行けば心機一転。
必ず新しい世界が開けます。



まとめ

『リボーンの種』を持って次の職場にいきますか?
それとも、今の職場にすべて捨て去っていきますか?


この決断が、あなたの未来を変えます。



転職エージェントを利用した6割の方が「不満に感じた」と答えています。

アイデムスマートエージェントは、選考に通過しやすい求人だけではなく、

あなたのご希望を最大限に尊重した求人をご紹介いたします。

2つの事例でわかりやすく問題解決手法を紹介!間違った問題解決手法。あなたはこの間違いに気づけるか?

f:id:life_of_dreams:20170606052143j:plain

『問題解決手法』を誤って使用すると、問題を更に広げることになる

問題解決手法っていうのは、なかなか取っ付きにくものでもあります。


従って、今回はわかりやすく2つの事例を挙げて見たいと思います。


まずはこちらをご覧ください。

Aさんの事例


あるカーディーラーで、売り上げが最近落ちているので対策を打ちたいという店長命令が下った。


Aさんは、日頃から最近来店者数が少ないなと思っていたので、お店のデータベースから一年分の来店者数を出し、グラフ化してみた。
それによると、確かにここ3ヶ月は平均と比較して2割来店者数が落ちている事がわかった。


Aさんは、来店者数を伸ばすにはイベントが効果的と思っているが、なるほど最近はイベントをやっていない。


しかし半年前に実施した、試乗会イベントは来店者数が伸びたが、アンケート結果では楽しめなかったというネガティブ回答が多かったため、1年前にやった来場者にケーキをプレゼントするというイベントをやってはどうかと考え付いた。
このイベントは来店者数が伸びたし、アンケート回答も非常にポジティブなものが多かった。


販売促進費は予算の3割を使うことになるが、来店者数を伸ばす費用対効果は絶大なのでこの案を企画書として店長に提出した。


ところが、店長からは翌日大目玉をくらった。

Bさんの事例


Bさんは、店長の言葉を受け、売り上げの数字を調べてみた。


なるほどここ3ヶ月は売り上げが下がっている。
Aさんと同じようにお店のデータベースにアクセスすると来店者数が下がっていることがわかったが、新車販売数を来店者数で割った成約率をみてみると、むしろここ数ヵ月は上昇していることがわかった。


次にBさんは成約件数の内訳をみてみると、新規契約者数は伸びているのに既存客いわゆるリピーターの契約数が例年と比較して約半数になっていることがわかった。


そこで、Bさんは既存客への営業を強化することが売り上げに繋がると考えた。


既存客リストでは、前回購入から3~5年のお客様が約7割を占めており、そのほとんどがこの1年以内に車検を受けているがその際に新車の試乗やパンフレットの要求など、買い換えに繋がるような行動に移せてないことが明らかになった。


そこで、Bさんは既存客へ向けて、メンテナンス無料フェアをするDM(ダイレクトメール)を打つと共に、ここ1年で発売された新車の試乗説明会を実施し、買い換え促進フェアを実施する企画書を店長に報告した。


店長はいくつか修正して欲しいものの、大筋はこれでいこうとなった。


いかがでしょう?
AさんとBさんの違いがわかるでしょうか?


では、解説に入りましょう。




問題認識

共に店長命令からスタートしています。
しかし、Bさんは店長に言われたことを、自分の目でデータベースを見て確認しています。


問題の認識にはきちんとしたデータで根拠を示すことが大事です。


Aさんも、一見データを確認しているようですが、問題の売り上げではなく、いきなり来店者数を見てしまっています。




問題の層別、深堀り

Aさんはデータから、来店者数が減少していることに気がつきました。良い着眼点です。
しかし、その事が売り上げ減少に結び付いているという証拠は何もありません。


一方、Bさんも当初同じところに気がつきましたが、新車の成約率という、2つのデータを組み合わせた指標を使うことで、来店者数と売り上げに直接の関係がないことを明らかにしています。


また、成約件数の内訳から既存客への新車販売が落ちていることまでつきとめます。


データはあくまで客観的事実ですが、思い込みからうわべの数字だけ追っていると、思わぬ落とし穴に陥ります。



目標設定

問題の層別を間違えてるAさんは、そのまま来店者数をあげることを目標とします。


一方、Bさんは既存客への新車販売強化を目標とします。


問題の掘り下げ方が、明らかな目標設定の違いに現れています。



要因の深堀り

Aさんは、来店者数の増加はイベントしかないと、決めつけてイベントの良し悪しを考えています。
また、イベント自体も過去にやった範囲でしか調べておらず、最良の手段は何かというところまでたとりついていません。


Bさんは既存客の行動パターンを分析し、車検時に購買意欲をそそるような営業活動ができていないのが真因だと分析しています。


要因の深堀では、先入観や決めつけは危険です

これにより、対策をするのですから、慎重にしましょう。



対策立案

Aさんは、過去の経験から良かったものをチョイスし、対策案としています。
この際、コストがかさむことは理解していますが、それに見あった効果があるかは考えていません。


というか、目指すところが来店者数アップなのですから、売り上げがそれで伸びるかどうかははなから考えられていません。
「そうなるだろう」どころか、「そうなったらいいな」レベルです。



Bさんも、DMという販促ツールを使っていますが、郵便代程度なので低コストです。
また、無料フェアで来てもらったお客さんに買い換えを促す営業イベントを実施するという、<>目的が明確です。


売り上げが伸びそうな作戦であることは明らかです。


もう1歩踏み込んで、営業の仕方・手法まで揃えて出せたら完璧でしたね。
この辺、店長から指導が入ったんだと思います。。。



評価

問題解決手法の最後は、『評価』で一区切りです。


今回であれば、二人の営業成績・売り上げの数字がそれにあたるのですが、これは架空の話なので今回は割愛します。


大事なのは、その評価をどう捉え(問題視)し、次の一歩へとつなげるか、です。


そのための評価をしましょう。



まとめ

いかがだったでしょうか。
問題解決手法というものがお分かりいただけたでしょうか?


ちょっと、事例にしたAさんが可哀想でもありましたが、実際の現場ではザラにこのようなことがまかり通っています。


あなたの職場は大丈夫でしょうか?


次は、また別の事例で紹介したいと思います。


過去記事もご参考ください。

life-of-dreams.hatenablog.jp
life-of-dreams.hatenablog.jp

要注意!なぜか勘違いされる問題解決手法の使い方

f:id:life_of_dreams:20170605054329j:plain

『問題解決手法』とは、すべての問題のゴールであり入り口である。


『問題解決手法』とは問題を解決するための手法ではありません。


何言ってんだ?と言われちゃいそうですが。。。


先日の記事で書いた通り、テクニックとしてもてはやされすぎているので、言葉が一人歩きして勘違いされています。


問題解決手法を正しく表現しようとすると、『継続的成果捻出プログラム』と言った方が良いです。

詳しく見ていきましょう。



『問題』の定義

問題とは
現状と目標との間にある障害(差、ギャップ)のことである。
Wikipediaより


問題を「何か不都合なこと」「困っていること」と捉えて考えてしまうのはよくあることです。


でもそれでは非常に狭義な捉え方をしてしまっています。


問題とは、現状と目標の間にあるギャップ。


目標とは、狭義には営業成績や技術開発目標がそれに当たりますが、広義には会社を存続させていくこと、継続的に利益を得ることが目標となります。


これは視座を変えることで得られる目標感覚です。

↓視座については過去記事をどうぞ↓
life-of-dreams.hatenablog.jp


つまり、広義に問題を定義し、継続的な問題解決をしていくことが成果を上げていくことに繋がるのです。



問題と課題の違い


よく勘違い・混同されることが多いです。


わかりやすく言うと、


問題は自分が疑問に思っていること、おかしいと思っていること
であり、


課題は他人が問題視し、あなたに課した問題


です。


課題ばっかりに囚われていると、仕事がつまらなくなります。
life-of-dreams.hatenablog.jp



『問題解決手法』が取り扱うのはあくまで「問題」です。



継続的成果捻出プログラムとしての『問題解決手法』


ここで1つ訂正します。
『問題解決手法』は問題を解決するという手法には間違いはありません。


でも、『継続的成果捻出プログラム』として捉え、使った方がメリットが大きいですよ、と言いたいです。


もし、あなたが営業マンで、営業成績を上げるという問題があった場合、ある一時期に限った話であれば結果を出せるでしょう。


でも、『問題解決手法』はそこからスタートさせます。


「あと2割売り上げを向上させるためにはどうするか」

「今よりも営業人数を減らしても、同じ成果を出せるようにするためにはどうするか」

「同じ成果を、今年入社の新人にやらせるためにはどうするか」


など、様々です。
がどうでしょう。


一度自分の目標を達成した上で、上記のような問題設定をすると継続的な成果になると思いませんか?


『問題解決手法』の使い所はまさにここなのです。



まとめ

いかがだったでしょうか?


まず自分で「問題」を設定して見ましょう。

詳しい設定方法はまた後日書きますが、まずはあなたの視野を広げることが大事です。

視座を変え、現在直面している問題だけではなく、その周辺もよく眺めて見ましょう。


過去記事も併せてどうぞ。
life-of-dreams.hatenablog.jp


成果を上げたければ問題解決手法を習得せよ〜序章〜

f:id:life_of_dreams:20170604213759j:plain

『問題解決手法』とは、すべての問題のゴールであり入り口である。


世のビジネスマンの半数以上は『問題解決手法』を習得せずに仕事をしていると僕は思っています。


おそらく、会社の研修などで触れたり、上司に教えられたりと90%以上はなんらかの形で触れているはずです。


本屋さんのビジネス書の一角にはそのコーナーまであるぐらいです。


でも習得はおそらくできていません。
では、なぜなのでしょう。



『問題解決手法』がビジネススキルとしてもてはやされすぎている

トヨタ自動車は日本を代表する企業の一つです。


そのトヨタ自動車の特技がこの『問題解決手法』なのです。


日本の企業の多くが、それを真似すれば自分の会社も業績が上がると思い、またはそれを促すようにビジネス関連書籍が様々な形で出版されています。


手法として取り上げられ、特別視されてしまったがために逆にとっつきにくくなってしまったのではないでしょうか。



『問題解決』自体はそんなに特別なものではない!

『問題解決』自体は特別なものではありません。


ビジネスマンであれば(たとえ主婦であっても)、日々対面する問題が『問題解決』です。


だからあなたが、もし『問題解決手法』を習得してようがなかろうが、『問題解決』しているはずです。

でもその効果はいかほどでしょうか?


先にお話したトヨタ自動車のすごいところは、その日々対面する『問題解決』というシチュエーションに対して、「誰にでも、間違いなく適用できるようなテンプレートにした」ことです。



『問題解決手法』は”知識”ではない”技能”である

僕はさきほど、多くの人が「習得していない」と言いました。


もし、『問題解決手法』が”知識”であるならば、本屋さんに行ってズラりと並ぶ本を片っ端から読んで習得すれば身につくでしょう。


でも、残念ながら、『問題解決手法』は”技能”なのです。

技能とは
通常、教養や訓練を通して獲得した能力のことである。
生まれ持った才能に技術をプラスして磨きあげたもの。
Wikipediaより一部抜粋


つまり、知識があるだけではなく訓練により磨き上げていくことが必要な項目なのです。

わかりやすい例としてはピアノや鍛治職人、スポーツ選手などは”技能”を身につけています。


世の中で、ビジネススキルとしてテンプレートだけひとり歩きして『問題解決手法』が流布してしまっているため、形だけを真似てやれた気になっている人がとても多いということです。


”技能”の習得には通常、


1、正しい『型』
2、継続的な訓練
3、適切な指導ができるコーチ


が必要ですが、本屋さんで手に入るのは、せいぜい1番目の正しい『型』ぐらいです。


だから、ぼくはほとんどの人が「習得していない」というのです。



継続的な訓練とは単なる続けることではない


継続するだけなら、誰でもできます。
でも訓練は一人ではできないのです。


誰かから適切な「訓」を受け、自ら「練」をするので「訓練」。


もし、上司や先輩が「適切な指導者」でなかった場合、多くの人は「仕事上の失敗やその仕事相手」が指導者となります。

だから、仕事上の修羅場をくぐってきた人は『問題解決手法』を習得している人が多いです。



正しい『問題解決手法』を身につけよう


このブログでは、少しでもこの『問題解決手法』の習得についてお手伝いできればと思います。


そのために、このブログを立ち上げたと言っても過言ではありません。


これから長くにわたって、『問題解決手法』に関する記事を書いていきます。


テクニックによらない、「使える」ものを提供します。



まとめ


いかがだったでしょうか。
序章はここまで。


また宜しくお願いします。

就活生に告ぐ。面接を成功させたかったら『行動原則』を確認せよ

f:id:life_of_dreams:20170603070957j:plain

もし、あなたが就職面接を控えているとしたら、自分の『行動原則』を確認してみるといい。

就職活動は成功にグッと近づく。


6月1日、経団連登録企業(いわゆる大手)の採用活動が開始されました。


今年の新卒有効求人倍率は1.78倍と売り手市場と言われることが多いですが、5000人以上の大手企業の倍率は0.39倍と例年以上に厳しいのが実態です。


採用活動が本格化する中、面接に臨むのに最も大切な『行動原則』を確認しましょう。






面接官が確認したいこと3つ

僕が就職活動している頃よく思っていたことは、


「あんな短時間で僕の何がわかるっていうんだ!?」


ということでした。


でも、今なら理解できます。
ちゃんと見られていました


採用担当面接官が面接の場で確認したいことは3つです。


・採用しても大丈夫な人間か?
・真面目に働くか?
・うちの会社で活躍できるか?


学歴や資格などの能力は履歴書でわかるのでそもそも見ません(というか面接の前にみている)。


これら3つを、面接に当てはめると、


・見た目の印象(身なり・礼儀作法がしっかりしているか。挨拶できるか。健康そうか。表情)
・「自己紹介」「志望動機」に関する質問(定型の質問をしっかりこなせる準備をしてきたか)
・「サークル活動について」「趣味・特技」についての質問


そう、この3番目の項目こそが『行動原則』に関わるものです。


面接官はあなたのエピソードトークには興味がない


「サークル活動」や「趣味・特技」についての質問は『行動原則』を確認しています。

行動原則とは

あなたが、物事に対して、「どのように捉え」「どのように感じ」「どのような行動をするか」である


いわゆるあなたの人間性ですね。


だから、これらの質問をされた場合は、面白いエピソードトークを繰り広げるのではなく、


私はこういう人間ですとわかりやすくアピールすることが大事です。


これができるかどうかが、面接の良否を分けます。


自分で『行動原則』をきちんとアピールできるようになりましょう。


『行動原則』そのものが採用に繋がるわけではない

もちろん、アピールできたからといって採用に至るわけではありません。
過去記事でも書きましたが、会社とは『相性問題』があります


万が一、うまく採用されても入った会社と相性が合わなかったら、「不幸」です。


従って、面接の時点で『相性』が合うかどうかを、あなたもきちんと確認する必要があるのです。


正しい『行動原則』はありません。
取り繕う必要はありません。


あなた自身を、あなたらしく、あなたの良い部分を正確にアピールできれば良いのです。


そのための『行動原則』の確認をしっかりしましょう。

life-of-dreams.hatenablog.jp



まとめ

いかがだったでしょうか?
お互いに「幸福」になれる就職活動ができることをお祈りしています。



その手があったか!はてなブログ(無料)のスマホ閲覧画面を見やすくする方法!

f:id:life_of_dreams:20170601231903j:plain


はてなブログは色々と使いやすいなって思っていたけど、唯一不満だったのがスマホ用の表示画面。


文字が小さすぎる。


色々グーグル先生に尋ねてみたんだけど、無料版で表示を見やすくするっていのは中々教えてくれない。


みなさま、CSSで設定してらっしゃる。


こちらはお金がないので、まだ無料版。


この通り、CSSへの門は固く閉ざされています。

f:id:life_of_dreams:20170602001008p:plain


なんとかならないもんか、、、



この手があったか!


実際に見ていただこう。
どちらが見やすいか。

Before
f:id:life_of_dreams:20170601233212p:plain:w300
After

f:id:life_of_dreams:20170601233230p:plain:w300


圧倒的にAfterの方がみやすいですよね?
これは、実は。


<font size="+1"> </font>と囲むだけ。


なんです。


「なんだよ、チョー初歩じゃん」と言われそうですが、CSSが使えない僕としては非常に良い。


まぁ、1記事ごとに設定しなきゃいけないんですけど。
この手間を省くのがCSSだとすると無料版では致し方ない手間ですね。


ではでは。